• トップ

歯科で処方される薬について

歯医者

歯科で治療を受けた際に、神経の治療などを行った際に抗生物質を処方されることがあります。抗生物質にはいくつかの種類があり、ペニシリン、マクロライド、セフェム、テトラサイクリン、ニューキノロンといった種類に分けられます。これらの抗生物質はばい菌や雑菌の繁殖を防ぐ効果があり、歯科で治療をした部分に雑菌が繁殖し、腫れや痛みが発症するのを抑える働きがあります。それぞれ効果は殺菌、静菌といったように菌の繁殖を防ぐメリットが期待できます。歯科で処方される抗生物質の種類はそのクリニックによって異なりますが、人によって合わないタイプがありますし、服用している薬との飲みあわせが悪い場合がありますので、避けたい種類がある方は問診の際に告知する必要があります。歯科で処方される薬にはその他鎮痛剤などがありますが、処方された量を指示通りに服用することで、腫れや痛みを防ぐことが出来ます。特に抗生物質は自己判断で服用をやめてしまうと効果が得られなくなることがありますので、指示通りに服用することが重要です。歯科を定期的に受診しておくことで、重度の虫歯などの症状になる前に治療を始めることが出来ますし、クリーニングを定期的にすると歯を美しく健康に保つことが出来ます。

 

↑PAGE TOP