• トップ /
  • 歯医者に持って行く物とは

歯医者に持って行くものについて

歯医者

急に痛みが出たり、銀歯が取れてしまったり、歯医者に行く時は慌ただしいことがあります。しかし、持ち物を確認してから行くことが大切です。まず、保険証や子供の場合は乳児医療証を忘れずに持って行きましょう。保険証がないと全額の治療費を払わなければいけなくなってしまいます。また、歯医者では麻酔を使うこともあります。唇がうまく閉じられないこともあるので、タオルやハンカチなども必要です。初診の場合は予約時間より少し早めに到着し、問診票を記入しましょう。

 

歯医者に定期的に通うメリット

歯医者を訪れるのは一般的に虫歯や歯周病などの問題が起きたときです。問題がなければ特に診察してもらう必要はないように思えますが、できれば6か月に1度くらいの頻度で訪れるのが効果的です。定期的に訪れて歯垢や歯石を除去してもらえば、虫歯などが発生するのを未然に防止できます。歯の病気は自分では気づかないうちに進行していることがあります。歯医者に定期的に通えば、隠れたところで進行している問題を早期に発見することができます。

↑PAGE TOP