• トップ /
  • 歯科治療でも使われる内服薬

歯科医院で出されるお薬とは

歯医者

歯科医院で抜歯をした場合、痛み止めのお薬が出されます。また痛み止めと同時に抗生物質も処方される事が多くなっています。これは感染予防のため。抗生物質は菌を殺す作用があるため、指定された通りに服用することが大切です。歯科医院でこのような内服薬が出されるのは抜歯時だけかといえば、実はそうでもありません。インプラント等の手術時の他、歯の神経の治療を受けた時、歯周病などで歯茎が炎症をおこし腫れた場合など、色々な状況で必要になってきます。一般的に歯科では長期にわたってお薬を処方する事は少なく、短期投与が基本。例えば歯周病の原因はいわゆる歯周病菌。だからといって、その歯周病菌を殺すために抗生物質を延々と飲み続ける訳にはいかないため、痛みがある、赤く腫れているなど強い炎症がおきている急性期のみに処方されることがほとんどです。その日の処置の内容や炎症の程度などによって、患者さんに一番適したお薬を短期で処方。だからこそ安心して服用できます。ただし全てのお薬には効果と共に副作用が出ることもあります。特に妊娠中の人やアレルギーがある人、持病がある人は必ず歯科医に申告するようにします。内科などで別のお薬を処方されている人は、特に飲み合わせに注意が必要です。

 

↑PAGE TOP